GOING My Way

地球に優しく、人に厳しい(ェ)そんな大学生サラトラの日記。 サラトラと一緒にいてくれてありがとう。一緒にいさせてくれてありがとう。みんな、大好きだよ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
夢を見た。

ふゆーきが家に来ていた。
体調悪いなとか言って、気づいたらうちの階段で失神してた。もうぐったり。
その時は病院行って治ってた。

場面は飛んで
私は、なにかの公演の再演に行ってた。
遠方だったから、家の事とかどうなってんのかよくわかんなかった。
家に帰り、車降りたら、父が言った。
「もう、くろこげだよ。」

家にいた母が言った。
「ふゆーきさん死んだよ。」

あとは喪失感と家族との口論
何度も泣き出したい気持ちをぐっと堪えて家族とけんかをしていた。
何故教えてくれなかったのか
それも家に帰るときにはまだ火葬中だったという。
なぜ火葬場に連れてってくれなかったのか。
いや、お前の後輩が止めたから、とかいう父。
そして、相当落ち込んでいる私に、故じーじゃんが、
「いつまでもくよくよすんな。はよたちなおれ」
みたいなことをいわれた。
「じーちゃんは80年(で死ん)だけど、ふゆーきは20代で死んだんだよ!?じーちゃんに言われたかないよ!!」
とかめちゃ怒ってた。
それでもなんだか、慰めてくれる人もおらず、
部屋うつって、1人になって、うなだれて、めそめそと泣いていた。
2度と会えない悲しさであふれていた。

あれ、これ、夢なんじゃない?
そう思って起きてみたら起きれた。
あれ、ひょっとして生きてるんじゃない?
電話かけてみた。

おはよう。
いつもの声、優しい声。

起き抜けの、声にならない声で、
ふゆーきが死んだ夢見た。
とだけ伝えて、その後はひたすらに泣いた。

生きててよかった。


というか、今考えたら死んだじーちゃんが普通に食卓に出てきてたわ。
寝たきりのころのじーちゃんじゃなく、ピンピンしてたわ。


そんなこんなで大学に行く気力がなくなり
ふゆーきの家で卒論
やるかと思いきや、マンガ読んでました。
うわあ。このダメダメな感じ。
昨日の意気込みどうしたんだって感じ。

あ、ごはんおいしかった。セブンのたまご焼きサンドと
キムチ鍋の後にうどんいれて食べた後に白いご飯入れて食べた。
おーいしかったぁー♪♪♪

で、卒論出来なかったよーって父に話したら、
じゃあワインお預けねって、赤ワイン飲めなかった。
なのにエビスは飲んでいいとの事。
うおーい!
意味が分からん!!!!!

とはいえ、卒論は全く収穫なかったわけじゃないので
車内で本読めたので、よかったです。

さて、明日も稽古と卒論、そしてコンサート大詰め。
おやすみなさいー。
スポンサーサイト
2010年
一騒動終えた後

夢を見た。

目が覚めると、ふゆーきが隣で寝ていた。
ふゆーきは「咳が出そう」といってふとんから少しでる。
呼吸を滞らせた後、少し口を開けた瞬間

赤いものが出た。
静かに喀血。

私「…え、驚いたんだけど」
F「いや、おれも驚いた」

吐いたものの先を覗き込むと、そこには血以外の何か。
内臓。
抱えてみると、ドクドク動いている。
こ、これはまずい。抱えたまま救急車を呼ぶため電話をかける。
が、緊張して掛け間違えばかり。横でふゆーきは「これは○○ってので、今は元気だけど3分後に死ぬよ」みたいな事を言っている。

ようやく119につながった。
が、手があいてないとか病院があいてないとかなんとかで掛け合ってくれない。意味がわからない。
しかたなく今度は110に電話する。
内臓を水に浸しておく。
ふゆーきは「大丈夫、傷は浅いぞ!」と私の肩をつかむ。
110の人に電話をする。必死に訴える。必死に。それはもう必死に。
そうこうしているうちに、ふゆーきが倒れ掛かってきた。
受話器抱えたまま、ふゆーきを抱きかかえながら、何度も名前を呼んだ。返事はなかった。

最後だってのに、あいさつを交わすこともなかった。



で、息苦しく目が覚めた(というか覚ました。)
起きたら7時半だった。
すぐ電話した。生きてた。(というか起こした。)

今も毎日死なないか心配だ。
今も毎日生きていてくれることが嬉しい。
明日が来ることは、奇跡だ。

奇跡だ。



うーん
明日発表らしいですよ。ゼミの誰かが。
私1文字も打ててないので誰かに任せます。ひん。すいません。
迷走しすぎたorz




魂と肉体の話

和泉式部の歌に「物思へば沢の蛍もわが身よりあくがれ出づる魂かとぞ見る」というのがある。
これは、高階さんの訳をそのまま挙げると、「もの思っていれば魂が自分の体から抜けてしまう、生きていても魂が抜けてしまってまるで蛍のように飛んで歩く」という意味。

では、ぽけーっとよくする私は、その間、私の肉体は、私ではないのだろうか。
いや、これは生きている限りでは「ぽけーっとしている私」だろう。
「私」という言葉が入るのであれば、そこには魂もあるだろう。
現代の死生観で、ぽけーっとした私を見て「あの人魂抜けてるわ」と、比喩で使うことはあっても、本当には思うまい。
と、マジレス。

しかし、どこかで魂と体が離れるのは事実。
でなければ、ありとあらゆる宗教が成り立たない。うちのじーちゃんも浮かばれない(笑)

では、どこで離れるのだろう。
おそらく客観的に見て「ああ、もうこの人だめだわ。○○さんでなくなったわ」と思ったときではないかと。
それは認知症になったときだろうか。脳死になったときだろうか。すべての活動が絶えたときであろうか。
どこまで判別できて、どこまで判別できない時なのだろうか。

その答えがわかったら、もしかしたら、無脳児が生まれたときの対処法が見つかるのかもしれない。



…みたいな事を考えたところで、石油の消費は抑えられないじゃないか!!!
大丈夫か卒論!!!orz

当たり前だと思って、コンビニのスプーンやフォークを毎回捨てずに、2~3年使うだけで、ずいぶん変わると思うんだ。
あれいいよ、使い勝手。軽いし冷たくないし。意外と長持ちするよ。何より愛着がわく。
1本5円にしたら、みんなそうするんだろうなぁ…。


まあ、そんなこんなで。
おやすみなさいー
結局、私は何になるんだろう?



とっても久しぶり!サラトラ!
気づけばうりんこ卒業してて
気づけば3年生になってて
気づけば大好きな勉強会幹事になってて
気づけば沖縄行ってて
明日で23歳。


周囲が旧暦の5月病に突入しているようです。
私のクッキー効果は約一名のみに有効でした。


今年度の2大目標
・大学祭の舞台で弾き語り
・おへんろ

精神的目標
・我慢を覚える(今以上に)
・小さいことができる人間になる


近況
今は、おかげさまで幸せいっぱいの日々です。
やりたいこと 存分にやれてる。
やろうと思える。そして、やれる環境にある。
(もちろんその分何かが犠牲になってるとは思いますが)
本当に、周囲に支えられまくりんぐ
その分誰かを支えられたらなと、時間をちょっとだけ空けてる。空けれるようになってる。
こうしてちょっとづつ、人間らしい人間になれてるような気がする。
まだまだだけれど

楽しい時間があるからこそ、苦しい時間がわかる。
苦しい時間があるからこそ、楽しい時間を満喫できる。

無くなるものだからこそ、あることが嬉しくて
あるからこそ、それだけじゃ何も気づかなくて

裏と表がたくさん見える日々に、本当に感謝です。

そして今日はBlueWalkの宣伝!?に行ってきます。
勉強会のメールも流すよ~


みんなが元気になりますように
ゆっくりでいいから、あなたにとって素敵な道しるべが見えてきますように




大きなテレビほしい人募集(笑)

またね~ノシ
時が経つのは本当に早い
気づいたら、大学祭も、うりんこの文化祭も、倫理のゼミの発表も、森林の発表も、みんな終わってた。

大学祭は打ち上げの方が印象強いwwwわらわら&カラオケオールwwwww

倫理も森林もオタオタしてました。ボロボロでした。



近況

いろいろ考えているうちに、大学について悩みだした。

正直、今の私にもう大卒の資格はいらない。
これからは芝居でご飯食べるから。歌でも可。
体だめになっても簿記持ってるから。ご飯食べれるから。
そして、大学で環境問題を学んだって、今の世間じゃ関心がなさ過ぎる分野だ。解決への道が本当に辿り難い。データや、明確な基準が足りなすぎる。
材料工学の権威もあの有り様だ。解決なんて早々できん。
あと、講義の内容が、本で読めば理解・習得できるようなのが大半であることが判明。
それを一時間あたり2000円もかけて聞くのもなんだかなーと思い始めてきた。
いや、おもしろいけどね。そんなら演技の勉強とか、うりんこのお手伝いとかそのへんしたいなぁと。

というか、両立がきつくなってきた。
どっちもやれるって言ってたけど(勝手に)、どっちも中途半端で、泣けてくる。
もっとできるのに。もっとできたのに。
ふたつもあると、悲しいくらいうまくいかない。
そして、選ぶのであれば、私は劇の道がいい。芝居したい。

けれど、私は親のお金で大学行ってる。しかも、自分で行きたいって言い出した身だ。
今、2年生。卒業まであと2年。
2年・・・

いろいろな人に相談はしてる。
けれど、返ってくる答えはみんな「大学は行っといた方がいいよ」だ。

何を根拠に言っているのだろう。
友人は「自由な時間を得る手段だ」と言っていた
が、現に今、私はかなり窮屈な思いをしてる

・・・

Σあっ!ゼミ4つなのがいけないのか!!(遅)
3年生になったら、少しは楽になるのだろうか…?

とりあえず、目の前にやりたいことやら、やらなきゃいけないことやら、ごちゃごちゃしてるので、更新頻度もこんな有り様です。

いや、どっちかというと、ケータイのバッテリーのせい。
ブログの更新どころか通話まで怪しくなってきた。もう携帯じゃないwww

まあ、そんなこんなで更新遅れてます。すいません…




昨日のこと

アクションクラブの杉本さんとのレッスン最終日
軽くマット運動
木刀であれこれ
やりました。楽しかったwww

そして、いろんなお話聞いた。

やっぱり、東京には、こうしてお芝居したい人がゴロゴロいるらしい。
そして、芝居できるのあたりまえ。そこから更にたくさんのことを要求される。
私たちは、それを最低限こなしつつ更に期待以上のものをみせないといけない。
そうでなくては、名古屋公演で東京の人はやってこない。

そのためには、何が必要か
アップだ。
稽古場では、稽古するんじゃない。本番をするんだ。
そのためには、その前にアップして、体を作っておかなくちゃならない。
地味なことのように思えて、とても大事な時間。

確かに、私たちはそんな時間設けていなかった。
だからこそ、飲みに行ったときこう言われた。

「この中に、劇団員になれる人間は一人もいない」

ショックだった。
うりんこよりも更なる上を目指している私としては、それはもうショックだった。
でも、当たり前か。なんにもしてなかったもんねぇ。

あと、3週間。
私は受けないけど、そのつもりでがんばってみよう。

…よし!!!!!
これからだ。

がんばるぞっ☆☆





まあ、そんな感じ。
とりあえず、宮沢賢治読みます(ェ)
福岡、博多行ってくる。
今しかない。


明日、忘れずに学割もらわないとなー


前髪伸びすぎ
軽くぽちちゃんみたいになってる(笑
切りたいですね。はい。福岡行く前に。



思い立つのがちょっと遅かったかも。
ドタバタしてるなぁ…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。