GOING My Way

地球に優しく、人に厳しい(ェ)そんな大学生サラトラの日記。 サラトラと一緒にいてくれてありがとう。一緒にいさせてくれてありがとう。みんな、大好きだよ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そんな、あるようでないものを あなたは選んだ。

ここに確かに在る私よりも。



こんな気持ちになったのは

うーん、一年ぶりくらい?

尽くしても尚すべてを拒絶されたと感じた あの日以来?



どん底



































































誰かいい人いないかな~?
スポンサーサイト
打ち上げで泣いた。

酔っ払った。
眼鏡忘れた。
花も忘れた。ごめん。

 

「サラトラは、友達だな。」
彼の一言に、死んだ。

 

最終日。

一日で2ステと言うハードスケジュールをこなしました。

午前の回
かわちゃん(始役)が、ミサンガ作ってくれた。嬉しかった。右足につけた。
涙じわー…

正直、午前の回は二日目芝居であった。(テンションだだ下がりね)
セリフぐちゃぐちゃ。すぽーん。お母さん役も、ぐちゃぐちゃ。
自己満足芝居で、本当に観に来てくれた人には悪かったなと感じます。
特に、今回観に来てくれた友人や先生。
ああ、次はなんとかしないとな、と、思った。

 

ラストの舞台
焦りや苛立ちが目立つ中、開演30分前、サムがみんなを集めた。

このメンバーでやる、この舞台は最後だから
みんなの間に壁はあっても、台本では関係ないから。
そーゆーの、舞台に持ってかずに、悔いのないようにやろう。

そんな感じの話を、丁寧にしてくれた。
サムだけは一回り違う年齢差だった。そんなサムの想いが伝わった。
…涙が滲んだ。

最終講演
今の私の、全力を尽くした。
後々出て来た「こうすればよかったー!」も、いっぱいあったけど、それでも、最後の舞台は本当に、パーフェクトではないけれど、ベストであった。

ま、演出のササッキーさんは総評として、初演が1番よかったとしているけどね。

 

本当に、充実した日々でした。
あんなに苦しかったのに、大学の発表や大学祭と併用するのはあんなに大変だったのに、
眠かったのに、なのに、なのに、

残ったのは、この達成感だけ。

これだから役者はやめられねええええええ!!!!!

そして、仲間や劇団員さん達の確たる信頼関係。

本当に、かけがえのないものをまたひとつ、いただきました。

 

嗚呼、語りたい事は山のようにあるけれど
今日はこのへんで。

おやすみなさい。
ならぬ、初演。
無事閉幕。

キャバ嬢wwwは、稽古中は口調がずっとそうだったの。何度ダメ言われても直らなかった。いわゆる鬼門。
それが、今回出ていなかったらしい。ィヤッホーーーゥ!!!!!!!

この清々しい達成感。
嗚呼、久々の(マイナスな)緊張もした。足ガクガクだった。
けど、後半は存分に動けた。
明日はもっと弾けるぞーぅ☆

今日は、あさみん(宣伝ほんとありがとう!!)、落ち子ちゃん、谷間のお嬢さん、妖精のお兄さん、ひよこの彼、そして、一記。風びゅーびゅーで寒い中、見に来てくれてありがとう。またゆっくりお話しようねっ♪
特に、あさみん。一人二役の理由はまた話すわ。
一記。例の件、またよろしく。ってか、またーり遊ぼう。

両親や講評の子もいて、うん。やっぱ嬉しかったや♪ありがとう。

…というか、せり(だっけ?舞台ギリギリに、もう1シート)出さなきゃいけなくなるくらい、お客さんの数がすごかった。
ほんと、ありがとうございました。沢山のお客さんの前でやるのは、とてもうれしかったです。

 

でもなぁ…

こうして本番前の楽屋、講演中のイントレ(ジャングルジムみたいだったアレ)の中、みんなで歌ってる時、
感じることがある。

ああ、終わっちゃう。
この仲間といられる時間、こうして共に立っていられる時間…
それがとても惜しい。愛しい。
BlueWalkの最終日のような、あの哀愁を感じてならない。

みんなと、ずっと一緒にいたいなぁ…



 

ダメ出し中の脳みそがおかしい。

成分
ダメ・集中・眠い・彼

言葉に置き換えると

はいっ!
次は気をつけよう
あ、彼いい声だなぁ…(ぽわー)←眠い
Σ!!いかんいかん!ダメ聞かないと!!!

こんな感じ
しかし、ほぼ眠さの借金がかさんでおり、集中しにくいです…orz
明日もがんぼる…orz

 

そして、今日も深夜バス来るまで時間があったので、高蔵寺駅の地下通路で歌っていた陽気なシンガーさん達に飛び入り参加☆
今回は、女の子一人、男の人二人の、三人グループでした。
音外しまくりなんだけどさ、でも、すっごく歌いっぷりが気持ち良くて…足が自然と動いちゃいました。
悲しみの傘と、サヨナラバス歌いました。
特にサヨナラバスは、ソロパートまで設けてくれて嬉しかったー♪♪

で、1番のサビ歌いながら帰った。

サヨナラ サヨナラ
また笑って話せるその日まで
僕は僕らしくいるから

すっごい、嬉しかった。

歌はすごい!
ギターはすごいすごい!!!
見ず知らずの人と、顔を合わせてこんなに簡単に仲良くなれてしまう。

幸せ。
本当に幸せって、その辺にゴロゴロ転がってるんだなぁって思う。

こゆとき、思う。

 

さて、
明日は2ステ。
内、午前中は、大学関係の友人やら先生やらが遊びに来てくれます。
楽しみですです。
そして、その後の打ち上げも楽しみw

 

それでは
また明日。
お暇なら、うりんこ劇場でお会いしましょう。
ここのブログを見てくれた人は、気兼ねなく、遊びに来てくださいねっ♪
おやすみなさい。
=アイデンティティ(自我)確立までの猶予期間のこと(ただし、選択肢が具体的な場合に限る)

劇とか歌とか
農業とか
NPOとかNGOとか
むっっっちゃ悩んでます。

 

きょおは
うたダンスだめだし
の、一日でした。
また明日通し。
うん。

どんどんいいものになっていく。
一日一日が、惜しい。
この仲間が大好き。

ここにいられる幸せ
ここに出迎えてもらえるあたたかさ

本番 なんだかんだで楽しみです。

 

 

数日前から ふと気付く
ある特定の スキンシップ

それは 彼があの子に
それは 私が彼に

私が彼を知りたいように 彼は彼女を知りたいのだろうか

知りたいのだろうか

そう
触れながら 不思議と動揺しながら 問いかける

 

ねえ 恋してる?

 



はぐらかされたorz

謎の多きヤツよのぅ…くうっ。
これは、おもしろそうなので、もう少し温存。

 

それより、私はあの日以来
笑った顔を見せないあなたと話すたびに、胸がきゅっとなる。

わたし、なにか気に障る事言ったかしら

胸がきゅっとなる。例え舞台の上でも、それが見え隠れする。

ううう。
打ち上げに期待。

 

うっかり深夜バス確定
お金ないのになぁないのになぁないのになぁ今は
交通費は自分で出すと決意した折これか!
orz

バスが来るまであと11分
聞こえてくる 優しい歌声 穏やかなギター
いきものがかりの歌だ。

泣いて笑って 繋いだこの手は

タイトルわからないけど
いいなぁ と、思った。

弾き語り分の不足した私
息抜きの不足した私

足は 動いた。

立ち止まった時には 最後のサビ
歌った後、にこっと柔らかく笑ってくれた。

「ありがとう」

「この曲知ってた?」

知ってた。むしろハモりたかった。

「え?歌うたうの!?それなら、一緒に歌う?」

歌います。

 

君と出会えた奇跡が この胸に溢れてる
きっと今は自由に 空も飛べるはず

 

嗚呼
こうしてまた素晴らしき出会いに感謝する
こうしてまた今日も素晴らしい日々として連なってゆく

一期一会
二度と戻らぬ日々に、本当に、感謝。
ありがとう。

生きててよかった。

 

一曲歌って
バス飛び乗って、帰った。

ありがとう。
また歌いましょう。

 

そして…なんだか浮気してる気分になり、なんだか謝りたい気分に(笑)

ごめん、かっちゃん。たかみー。りゅうちゃん。

りゅうちゃんに至っては、約束だけで、まだ一度も歌っていないわ(笑)

また歌いましょ♪

 

同窓会のハガキ出すよ
彼女に会える事を信じて
そして プロポーズできる事を信じて

おやすみなさい。良いゆめを…
本番6日前に

ダ ブ ル キ ャ ス ト 決 定

 

Σ

なにこれなにこれなにこれなにこれああああああ
6日でどうせいっちゅうねええええええん!!!!!!!!

…とか、思っていたが、トミーや(演出の)ササッキーさんからすっごく励ましてもらえて、落ち着きました。

大事に想われてるなぁ私…
本当、なかまっていいですね。

そして、落ち着いたところで台詞を見たら、意外と少なかったので、あとはキャラ作りだけだなぁ。と、安心しました。

 

…にしても今日は眠かった…

 

羽もいいかんじだし、あともうちょっとぬいぬい。

うん。がんばろ。

 

って事で、みなさんみにきて下さいw

 

□■劇団うりんこ付属演劇研究所30期生中間発表公演■□

『びりっかすの神様』

原作:岡田 淳
演出:佐々木 政司

10月11日(土)19:00
  12日(日)10:30
       15:00

料金:前売500円 当日800円(3歳児未満は無料)

場所:うりんこ劇場

アクセス:地下鉄東山線一社下車。市バス「幹一社1」宮根下車。南へ徒歩2分(猪高車庫行きを除く)

過労死で父親を亡くした少年。母親は「あなたにはがんばってほしくない」と言った。しかし、先生は事あるごとに「がんばれ」と言う。

がんばるって、なんだろう…?

 

私は、そんな母親役と、優等生の女の子役。
私の顔を存分に見たい人は、舞台奥に座っていて下さいね♪

チケットほしいひとは、メールで教えてくださーい!実はめちゃ余っています。買って下さーい…orz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。