GOING My Way

地球に優しく、人に厳しい(ェ)そんな大学生サラトラの日記。 サラトラと一緒にいてくれてありがとう。一緒にいさせてくれてありがとう。みんな、大好きだよ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そんな危ないもん埋めんな
食べてくれる微生物はどうした

はへー
ロリー…?なかっこでおでかけ
そういえば月曜だった。本借りれず。
かわりにブオフで本あさり。6冊。ほくほく。

さて、火曜はどうなるかな。

おやすみー。
スポンサーサイト
レミオロメンのライブは、いつだってありがとうであふれている。
だから、また来たくなる。あんなMC二人といない。
こちらこそ、ありがとうだ。

てなわけでー。
消化不良の6ステ目
勉強になった11月公演
2日間の廃人生活
久々の1限から大学生
8か月も前から決まっていたレミオロメンのライブ
1か月以上ぶりのアルバイター
でしたー。

あれー卒論が入ってないー。

6ステ目
実に消化不良
2本立て公演だったから?なんだか終わりって感じがしなくて
あと、喉を過保護にし過ぎて逆に声が出なくて
実に消化不良でした。
3ステ目は神った。そしてそれが映像として残って本当に良かった。

公演全体を通して
本当に勉強になりました。
今回は団員として意識したことが何より大きかったと思います。
同じくらい大きかったことは、女子最年少だったこと。
どんなことでも吸収したいなと。下手にでしゃばって荒立てたくないし、そこで吸収しそびれたくないなと思い、
不安なことはたっぷりありましたが、教えてもらったことは、なんでも受けいれて、なんでもやってみました。
そうやって見えてきたことが今回は本当にたくさんあった。
一番怖かったのは、下手に出過ぎるとそれが癖になってしまいそうだということ。
楽だと思っているうちに、反射になってしまう。反射的にそうしてしまう。これはいけない。
おお、イエスマンとはこうしてできるのだとわかった。
いや、イエスウーマンなのかもしんないけど。
コトバノアヤですけど。
また、その分自分の意見や、やりたいことを我慢しているわけですから、それらが爆発すること。
これは前回からの引き継ぎと、周囲に前もって助言しておいたのもあって、大丈夫だったんですが、
しんどーってことはなかったですが、胸にずっしりと来るものはありました。
でもでも、そうして褒めたられたこと、認められたこと、周囲の支えもたくさんあって
不思議な空間ではあったけど、愛を感じました。
10月の現場のように、超どストレートではなかったけれど、私はここにいていいんだという、素敵な現場でした。
ああ、今更ながら、涙が出そうな。
なんてするめ。

で、その後の生活
なんか時間がようやくできたなと、とりあえず遊ぶ。
ふゆーきとか誘って遊ぶ。
お金ないから、スマブラとか起きてから寝るまで。
うわあすごく廃人。
おかげでシールコンプ、フィギャーは、あとゲキむずクリア特典とマルマインだけになりましたwww
でも、それだけではいけないので卒論やらなきゃなー…と思いつつ次々回公演のハムレットを読みだすwwwハムレット面白いwww今のところ喜劇wwwww
しかしその間過保護にし過ぎた喉はなんだかいただけない感じだった。

で、そんな生活送ってたら、ああ、気づいたら私大学4年生だったわ。みたいな。
2日ぶりの朝日は眩しかった。2時間ぐらいずっと眩しかった。
お茶は炉の濃茶して、ゼミは発表聞きながらアンケート答えて、お花は楽しんで、でも楽しさの追求のために疲れて、学校に飾って、その後食堂で歌って、
帰る…かと思いきや、ライブに行くのでした。
当日になって、何気に楽しみになってしまったレミオロメンのライブ。ふゆーきに道教えてもらって、会場ついて、でも暇で、ブラブラして、いちごのチーズケーキとカルピス買って、会場入って半分食べて、客席入って母と合流して、空腹の母にチーズケーキあげて、
開演。
腕が痛くなるまで高く高く上げて、ノリノリしました。
雰囲気も、音も、表情も、色も、熱も、衝動も、
よかったです。酔いました。半径10mの中では私が最もクレイジーだったと。
ただ、舞台美術がお金かかってないって感じだったw
そーゆーのに敏感な名古屋人が、名古屋人らしい対応をしていましたwがんばってなかったw
でも、藤巻さんを前に、舞台美術なんて関係ねえ。
参加した人みんな、藤巻さんに癒されたと思う。
3月9日、一緒に歌って感動したなぁ…。
終わり掛け、今回は珍しく、寂しくなかったなー。
たぶん、五回目だから、また会えるって思っちゃったのかも。
帰りは母とサイゼリヤ。うまー。ワイン水で薄めてね?次は白にする。
きっとあさってもしくは、あしたの夜には腕の筋肉痛に悩まされるに違いない。
そう思った。

で、
一か月以上入っていないバイト先に出勤☆
ところで社員変わり過ぎ☆4人も知らない人はいっちゃったよ☆
でもでも、事前に顔だけ出していた&前社員のフォローがあったおかげで
いい感じの時間が過ごせました。
早くも店長に「もっと(バイトに)入ってほしい」というお声がかかりまして、
ありがたや、ありがたや…。

ボジョレー買っただけなのに、たらチー、生ハムいただけるという太っ腹店長
他にも店の方針が変わり、ヘアスプレーとかもらえてありがたや。すみれももらえてありがたや。
その分自分も返していかなきゃなぁと。シフトで入れない分、恩返ししていかなきゃなぁと。
やっぱバイト楽しいにゃー

そんなこんなで今に至る。
さあて、明日はノートみて、あ、券どうしようか。
本は月曜に借りるー
明日も頑張るー

おやすみー
母「今日、サラが髪をバッサリ切った夢を見た」
父「よかったな、首じゃなくて」
母「え?」
父「バッサリ切ったのが、首じゃなくてよかったな」

ぞわあー
ホラー映画かなんか見た後だったのでしょうか…?

さて今日も受け付け
手作りのご飯美味しいと思いながら受付
昨日の特訓の成果もあって、受付ぶじできたー!お金も合ったー!
ありがたや。

そんなこんなで両親が2本立てどちらも観に来てくれたよ。

で、肝心の私の舞台5ステ目。
明らかに魔物が住んでいた。
一人が噛んだが気にせずむしろ支えていた。が、
ポテチが開かない。3回やっても開かなかった。ひどい。
で、動揺したのか、セリフ思いっきり噛んだ。
「こんにゅっっむぁとぅぁsつっっ!!(言い直して)っこんな夢を見た夏目漱石!」
ひどいwwwww

まあでもなんとか後半組が取り戻してくれたので、いい感じの作品になりました。
夜は時間を一時間間違えて早く帰ってしまいました。

まあいいか。明日早いし。
では、そんなこんなで
おやすみなさいー
あー、つかれてるなー。
とかんじつつ過ごしていたような日

卒論題目提出期限日でした。

朝目覚ましかけて、うるさくしてるはずなのに、母が起こしてくれない。
あー、もうそんなところまでいってしまったんだなぁと。
ネトゲに執着しすぎて家族に関心のなくなった母をこれからどうすればいいのか。

で、のろのろと学校行って、うっかりストール忘れたから新しいの買って、ゼミ出て、
先生から印鑑貰って、アコギ出て、テンションあがって、お花やって、元気でまくりで、
あああ、ペース配分間違えた。

もう小屋ぐったり。
してるけど、そんなわけにもいかないから受け付け頑張る。
でも券種多くて把握できなくてわけわかめ。
教えてくれるのは有難いけど、また言い方のきつい事。今日に至っては命令形。
よりぐったり。というか、しゅうううう…。←首筋のあたりが溶ける音
あれがなければどれだけ認めることが容易になることか。
とりあえずがんばった。よくやった私。

つかれがまたってるー
あれ?たまってるー
そんくらい、たまってるー
もう今日は、早く寝よう。

皆さんあっての私です。
未熟でできないことだらけなのに、誰も見捨てる人なんか1人もいなくて、
むしろすごーく支えてくれる。ありがたい。
明日も、お手伝いも、芝居も、両方頑張る。

おやすみなさいー
となるくらい疲れていました。気づかぬうちに。

休演日中はずっと、買い物してWS受けて接待して買い物してWS受けて接待してだったのですが
そこに中途半端にSOTURONNを入れたのがいけなかった。

朝から夕方まで先の見えない卒論に頭を溶かされた。背中を固められた。

イマイチな体。なにこれ。
声も出ない。体が向かず首が出る?足がつりそう?
挙句の果てにセリフが出てこない。

自分が思っている以上にあなたは疲れています。今日は休みなさい。

今日もWS出たかったのに、休みなさいということで、帰った。悲しい。
けれど、帰って正解だったのがまざまざと出てくる。
どっしりとした足。筋肉痛を感じながら帰路につく。
ヤマナカでふらっとした。というか、一瞬、本当に一瞬だけ失神してたんじゃね?
帰りの電車の中では、寝た。
とても、帰りオートモードすら起動できる体じゃなかった。

今日はゆっくり休もう。
キューピーコーワゴールドも飲もう。
しかしながら、とても卒論題目変更締切の事を考えると、余裕はない。
あああ。
しかし、これくらい気がせらないとできないのも自分なわけで。

ところで、気づいたらドーパミングしまくりです。メモ程度に。

・のど系
マスク
ストール
龍角散
しょうが湯
のど飴
フルタイド

・体系
風邪薬
キューピーコーワゴールド
わかめ
ぶどう糖

明日は第二週の幕開けです。わくわく。
とりあえずお風呂。

おやすみー
3ステ(二本立てなので、正確には6ステ)目の公演
花道を抜けて、大扉を超えたところにお客さんがいた。

ありがとうございました。
私がそういうと、50代夫婦はにっこりと、楽しかったと言った。
私は言った。

私も楽しかったです。



電話で起こしてくれたふゆーきに感謝しつつお風呂。
よし、今日もやるぞ!と気合を入れる。
まあでも中日だし、髪の手入れはテキトー(安めの)にした。

メールが入っていた。
「本日ビデオ撮影があります」
がああああああああん

ふゆーきが家に来てくれたので、思わず和んで、ちょっと時間が緩やかになってしまった。
すまんかった。これからバイトだったのに。

昨日の私の苦手分野の話をちょろっとして駅まで送ってもらった。もう頭も体も演劇モード。
お構いなしでごめんね。

今日は水の買い出し。
1本158円が1ケース(6本)で498円だって!?
買っちゃった。
歩きだったので、腕に乳酸たまりまくった。

その後は折り買い出し受付
受け付けは今回しっかりとやった。
でも不慣れで、いろんな人に迷惑かけた。
そして4時間ぶっ通し。
しんどかったぁー…。

ご飯食べる間もなく世界は動き出していた。
でも食べなきゃこれは動けんと思って食べてたら、団員が一声かけてくれた。
そう思って動いてたら、また一声かけてくれた。
その時気づいた。
言い方は決して優しくない。むしろきつい言い方だ。
でも、それでも私の事を気にかけてくれて、全体を動かしてくれて、とても助かった。
おかげでプリセットも間に合った。
有難かった。

嬉しい、ありがとうって気持ちがあふれて、
そのまま一緒に演劇をすることができた。

そして3回目の公演ということもあり、みんな元気になってきてて
心も体も、最高の状態で挑むことができた。

「春の七草言ってみろ」からもう、この4人で芝居ができることが、本当に楽しくて、嬉しくなってしまった。
それが伝わったのか、今まできついなーと思っていた個々のセリフもあったかくなっていて、すごくやりやすかった。
ただ、だいぶいつもの自分になってて、声がめちゃでかかったんやけどね…
(後で聞いたら、関係から出来た大きな声なら問題ないらしい。よかった。)

それがお客さんにも伝わったのか、初めて笑い声が聞こえてきた。
稽古中に笑ってた箇所で。
それがまた嬉しかった。

ところで、ビデオ撮影を意識してか、みんな気持ちメイク濃いめだったwwwww


いつも客出しの時、私はお客さんと話しすぎるんですね?(汗)
気づくと大扉閉まってるもんなぁ…そしてプリセット終わってるみたいな。小道具洗ってもらってる、みたいな。着替えできずに集合、みたいな。


そんなこんなで中日打ち上げ
ちゅうにちじゃないよ。なかびだよ。
おつかれさまでしたー!!!!!
打ち上げの時には、この私の無遠慮な感じが役立つのだ!!!!!(笑)
1番にビールあけるわ用意した芋ういろう食べるわ好き勝手やらせてもらいました

いろんな人といろんな話をして
そういや寅組の時はガッチリガードしてたなとか
それを思えば今回の現場では学びたい一心でヘコヘコだなとか


片山さんともいろいろな話を
30代の女優さんは、私に昔の自分を見るのだとか
アンケート観ながら、お前の彼氏、相当動揺してたんじゃないか、女って…って。とか
責任を拡散するために私は演劇をやってるんじゃないかとか
この役誰にしようかな、じゃなく、この人に何の役をやらせよう、のほうがおもしろい、とか
舞台の形状によって声の出し方が変わる。それを使った舞台のほうが面白いじゃない。セット作っちゃったらどこでも同じじゃない、とか。
オレンヂスタは3ステへっちゃらだったのに、なぜ今回の公演は1ステが限界ってほど疲れるのか。それは、セットが全然なくて、役者でやってくしかないからだ、とか。(関係ないけど、せっとめちゃめちゃかっこいいよね)
高校演劇はお客さんに向かってしゃべるから対象が全然ない。だから高校演劇上がりは小劇場では生き残れないとか。←高校演劇あがりの私
昔は旅公演とかやると、ヤクザが来たんだよ、とか。

そして、伝説は生まれた。
うちの劇団員が、男になった。

その後七つで10時まで寝て、今に至る。
あれ、調子こいて打ち込んでたらこんな時間じゃん。
お風呂入って、洗濯物(衣装)干して、また七つに行きます。
というか、親まだ観てないのに衣装干すとかwwwww

ではではー


追記は私信
かっこわるい

そんな1日


今日ははよねる
おやすみなさい
俺が一つダメ出すと全部変わっちまうんだな!

へこんだ。さすがに。

救ってくれたのは、ぺえだった。

何かのせいにするといい。台本上げるの遅かったせいだとか。
じゃないと、舞台だと引きずっちゃうからさ。
それで、終わってから、あーあれまずかったなぁって反省すればいい。
無理やり何かのせいにするといいよ。

すっと気持ちが楽になった。
ありがとう。本当に助かった。
あの笑ったシワ、一生忘れないんだろうなぁ…。


おかげ様で、皆様の支えがありまして、ドーナツトーク初日、無事公演終了いたしました。
この場を借りて
片山さん、スタッフの皆様、共演者の皆様、お客様、両親、
ありがとうございました。

久しぶりにアガりました。
オレンヂスタの公演では緊張はしていたのですが、アガった公演は1公演もなかったのです。
想像が行き届いてなかったのか、満足いくものが自分の中で出来ていなかったのか、衣装を着たのが15分前だったからか、不安感を常にあおられて不安だったのか。
まあ、思い当たる節は多々ありますが
明日は呼吸整えるため頑張ります。

暗転中、花道から落ちたwww

軽く飲んで帰宅。

休むのも仕事。
おやすみなさいー
努力した分しか返ってこない。

何もかもしてもらえる俳優は技術さえあれば金がもらえる
何もかも自分でする俳優は金がもらえない
けれど、俺は、自分でできる俳優のほうがいいと思うんだ。

わかれ。
言葉を選んでるんだ。



馬鹿な私。
同じこと2度もした。同じこと2度も言わせた。
もう、繰り返さないでいこう。

朝起きて、思ったこと。
明日本番かあぁー…。

2本立てのリズムが初めてで、厄介。
準備難しい。

ということで、タバコトーク初演でした。
主に裏方。買い出し買い出し折り並べ配り(消え物の買い出しうまくいってYES!だった)
そんなに大層なことはしていないむしろまだキャパガンガンある。下手なだけで。
その分みんなを支えろよー

電話でふゆーきが何が言いたいのかよくわかんなかった。
心配してくれてんのはわかったけど。バイトとかSOTURONNとか。
ありがとう。とりあえず演劇に集中したい。1週目は。

ああ、初サノヤでした。
名古屋人になれた気分でドキドキしました。生まれは名古屋市ですが。

ぶどう糖100すごい
最近頭がすっきりしない人にオススメ。ビタミンウォーターのCMみたいになった。

今日の稽古も勉強になった。
ああいうことが面と向かって言える片山さんは、本当に人として信頼しているんだなぁと。
仲間として受け入れているんだなぁと思った。

自分のご飯も食べずに、私たちの稽古時間に当ててくれる。向き合ってくれる。導いてくれる。
どうしたら、どうしたらあの人みたくなれる?
格が違いすぎる。私にはそばにいるくらいしか出来ない。
というか、そばにすらいる時間がそろそろさけなくなることを私は知っている。

俺は師匠の言葉、一言一句ノートに書いてた。

あああ、私は馬鹿だから。
そんな風に逃げたくはないけれど、それが事実だから。

最近の稽古場は感情の高ぶりが大きく、何度も泣きそうになる。
場違いなので…泣かないが。

あの人から、半分、何を教わればいいのか。


開演45分前まで稽古してた現場は初めてです。

そんなこんなでタバコトーク初演
お客さんとして観る

身内だからか、よくあんな堂々としていられるなと思いながらみていた。
最初は私自身がお客さんの空気になじめなくて、あんま笑えなかったけど…
後半は、劇場一体ゆったりのびのびとしていられた。心地よかった。

というか
初演とは思えない完成度。
びっくり。演出がいないのに、お客さんが大勢いるのに、稽古場と何も変わらない演技。
何もかも想定してできていたということか。
すげーなーと、思った。
一人で舞台に立てるということ。対象を作れているということ。


気づいたら、公演かぶり過ぎで、うりんこ仲間の公演も、あおきりもみれねぇ。
それくらい、お互い頑張ろまいってことなんだろうか。



昨日あれだけ張り切って打ち上げ隊長になっていたのに、結局仕事内容よくわかっていなくて急ピッチで仕事。
なんじゃそりゃー。ごめんなさい。
なんとかなってよかった。まぐれですが。
明日からは何もかも改善する。そう決めたし!

というか、
このままやってたら破産しちゃううううううう

薬の影響で味覚がおかしい。
でも、喉は商売道具。なので、舌我慢してください。
明らかな私の調整ミス。


演劇界と大学での風当たりの違い凄まじい。
演劇ではこぢんまり。大学では堂々。
なかなか。演劇でのびのびやれる機会は少ないですな。
というのも、なんか落ち着いてしまっている自分がいるんですねー。
ぱこーんと、いけたらいいんですけどねー。


なあんか人に甘えてしまって
というか、憶測が甘いのか。
いや、何もかも甘いのかもしれない。

ごめんなさい。疲れている体にムチ打って、駅まで送ってもらいました。
彼はどうしてあそこまで優しいのか。そしてマルチな彼。素晴らしい。


気づいたら
8年目突入してました。
きっかけは、夫妻の4年目の結婚記念日が明日だという話題から。もう今日だけど。おめでとうございます。
というか、そりゃ忘れるか。でも、すまんかった。


さてさて、明日本番です。
このまま目立ったミスがないままいきたい。
よろしければ、観に来てください。トライフル ドーナツトークで出ます。

おやすみー。
スピッツの、君が思い出になる前にを歌っていたら、そう言われた。
というか言ってくれた。
まだまだ私の趣味が浸透していない証拠。

昨日の事が、まるで今日のように思い出されるのはなんでだろう。

心配なところで更新ストップしてすみません。

筋は痛めただけでした。
医者がつまんなそうにしてたので、本当に大したことではなかったんだと。
というか、自分が健康体なのを忘れていました。
一応痛み止めは飲んでる。
というか、今は喉のほうが大事。

SOTURONNKAKANAKYA
とか思いながら

KOYAIRI
ですよ。
うっかり1時まで寝るとかもう酷い。
しかも夢が、中屋敷さんが1年で二重あごのシミだらけになるという夢だからまたひどい。
去年結婚式あげたかったねとかいってるからこれまたひどい。
中屋敷さん元気かな。

今日も空がきれいだった。
紅葉も美しかった。
でも、そんな暇がないくらい片山さんは頑張っているのに。
少しだけ、後ろめたさを感じる。

宣伝しても宣伝しても集まらないことにもやもやしながら小屋を過ごす。
なんか、何が楽なのか分からなくなりながら行動する。
他人を優先するの。自分を優先するの。
でもそれを決めるのは自分だから。

彼はどうして、やりたいことも、やらなければならないことも、やれている上に、私との時間が作れたのだろう…?
自分で何もかもできていないと、そう思ったりする。
達成感は知っているはずなのに、どうしたらいいかも知っているはずなのに。
だとしたら、注意力散漫なのカモ。
いや、できるはずだ。やろうとしてないだけだ。
やる。

片山さんの作るご飯がおいしすぎてリアクション出来ないんだぜ。
ただ愛情がこもった料理のリアクションは知ってる。
ただ美味しい料理のリアクションは知ってる。
でも
美味しい上に愛情がこもった料理のリアクションなんて知らない。
これはもう、無言で食べるしかない。美味しさをひたすら内に秘めて覚えたい。かみしめたい。外に出すことに使いたくない。
くらいの勢いだったが、そうするとあんまよくないなーというのがわかったので次からは出すことにする。
おーいすいーぃ。
おうちの愛情たっぷりのごはんたべて、改めてあのご飯は お い し か っ た な ー と思った。
柿の現場で食べたご飯を思い出した。

仕事任されて ごきげんゆとり教育共働き1人っ子
自分で動けるのが理想だが、自己肯定の足りない私にそんなこと満足にできるはずもなく。

まあ、そんなこんなで
今日もこんな時間なのでタイムアウト。

おやすみー

おおっとお
小屋入り
なのにハムなんとかっていう太ももの筋を切りました

こう、股開いて柔軟してたら…バキッと。
そこまでいたくなかったので、痛いなーとか思って揉んだら激痛。
どうやら傷口に塩を塗ったよう。
ばかだー

明日こっそり病院に行きます。
あと、しばらく股割りはやめる。
そしてまだ片山さんに報告してない。うひゃあ。

昨日の精算会楽しかったwww
胸という胸を揉みしだき、パンチラというパンツを拝みまくり(Tバッ…!!!)
なんか和気あいあいとしてました。

その前の稽古では、仲間を労わりきれず泣いていたというのに。

稽古中に、緊張で顔が引きつる仲間。
その姿が滑稽で、笑ってしまった。
本人は相当に苦しんでいるというのに、笑ってしまった自分が悔しくて悔しくて。
それでも笑いがこみあげてくる自分に腹が立って。

歯食いしばりながら、こころ痛くて、歯も痛くて、泣いた。
本当に、悪いことをした。

支えていけたら、いいな。
こんな私でも。
それが今回どこまでできるかだなー。



貼ったかどうかすでに覚えていないので貼る。
今回の恋愛表現は一転、幸せな感じになってます。よかったね。

以下詳細

トライフルvol.2
二本立て公演
“フロンティア・アートレジデンス・コンプレックス2010”
『タバコトーク×ドーナツトーク』
作/演出 片山雄一
1週目:2010.11.11.THU~11.14.SUN
2週目:2010.11.18.THU~11.21.SUN
七ツ寺共同スタジオ

*******

あれほど暑かった季節も終わりを告げ、日増しに秋も深まって参りました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、トライフルではこの度、2週に渡り七ツ寺共同スタジオ(大須)にて、片山
雄一の代表作『タバコトーク』と、新作『ドーナツトーク』の二本立て上演を行
います。
大変楽しいお芝居の二本立てとなっておりますので、是非皆様に足をお運び頂き
たく、ご案内をさせて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。

*******

●あらすじとご挨拶

受験勉強もするけど遊びもしたい、可愛い女の子とドキドキしたい。
そんな高校生最後の夏休み前、朝、目が覚めたらおじさんになっていた。
そんな高校生男子のありえない放課後 『タバコトーク』

女子が集まれば、男になんかわからない悩みや、うわさ話に花が咲く。
普段話さないHなことから将来のことまで、そんな話をしていたら、いつのまにか
年を取り、男になってしまった女性の、不思議な終わらない夜『ドーナツトーク


・・・・

 『タバコトーク』は5年前の作品で、今までに4回ほどいろいろな形で上演して
いる。高校3年生の男子が織りなす物語で、初演は全員で1箱近く吸っていたのだ
が、毎回吸う数が少なくなり、今回はほとんど吸わない予定なので、嫌煙者の方
も安心だと思う。
 『ドーナツトーク』は名古屋でのワークショップからその発想が出て来た作品
で、大人女子のお泊まり会が舞台となっている。うぶな男性諸氏は、もしかした
ら女性不信に陥るかも知れない、そんな女性達の話だ。
 ともにカフカの『変身』『訴訟』をモチーフにしているが、書かれた劇である
「戯曲」ではなく、その物語を担いながら、同時に自身を生きる「俳優の生」そ
のものを観て頂けたら幸いである。なぜなら僕はそれが演劇の根幹であると思っ
ているのだ。

作/演出 片山雄一

*******

●CAST
『タバコトーク』
久川徳明(劇団翔航群)、深津章生(トライフル)、中嶋隼都(劇団[C/E])、山
下雄資、江上定子(PAO COMPANY)

『ドーナツトーク』
スズキナコ(avec・ビーズ)、ひのみもく(少年王者舘)、石原愛子、鶴田雅弓
(よこしまブロッコリー)、浅倉由莉(トライフル)、稲葉みずき(トライフル
)、加東サユミ、澤村一間(よこしまブロッコリー)

●TIME TABLE
11/11木 20:00『タ』
11/12金 20:00『ド』
11/13土 14:00『ド』/19:00『タ』★
11/14日 13:00『タ』★/17:00『ド』

11/18木 20:00『ド』
11/19金 20:00『タ』
11/20土 14:00『タ』/19:00『ド』★
11/21日 13:00『ド』★/17:00『タ』

※タ・・・タバコトーク
ド・・・ドーナツトーク
★・・・終演後にトークイベントあり

1回の上演でご覧頂けるのは『タバコトーク』か『ドーナツトーク』のどちらかで
す。


両方の演目をご覧になる場合は上演スケジュールをご参照頂き、セット券のご購
入をお勧め致します。
※開場は開演時刻の30分前、受付開始は開演時刻の1時間前です。
※当日は受付をお済ませのお客様から順に整理券をお配りし、整理番号順にご入
場頂きます。
※木・金の平日は夜20時と遅めの開演時刻になっています。残業を片づけてから
来るもよし、友人とお茶をしてから来るもよし、どうぞごゆっくりご来場下さい
。上演時間は両作品とも1時間20分を越えることはございませんので、終電も安心
です。

●TICKET
全席自由・日時指定
前売り:2,500円
当日:3,000円
学生(前売券・当日券共に):1,500円
「タバコトーク+ドーナツトーク」セット券:3,500円

●予約方法
トライフルにてご予約を承ります。e-mailでお申し込み下さい。
送信後3日以内に返信がない場合はお手数ですが再度送信して下さい。

e-mail trifle2010@gmail.com

メールの件名を《トライフル チケット予約》とし、本文に以下の内容をご記載
下さい。


①お名前(フリガナ)
②電話番号
③e-mailアドレス
④チケットの種類と枚数
⑤希望日時(セット券の場合は両方の希望日時必須)

●会場
七ツ寺共同スタジオ
住所 名古屋市中区大須2丁目27-20
TEL 052-221-1318

●アクセス
地下鉄鶴舞線「大須観音駅」下車 2番出口より徒歩5分
地下鉄名城線「上前津駅」下車 8番出口より徒歩10分


*******

●関連イベント

《終演後トークイベント》
・11/13土 19時『タ』終演後
ジャコウネズミのパパ(双身機関 主宰・演出家/七ツ寺共同スタジオ スタッ
フ)
にへいたかひろ(よこしまブロッコリー 代表・劇作家・演出家)

・11/14日 13時『タ』終演後
麻原奈未(劇団オートバイ 主宰)

・11/20土 19時『ド』終演後
ニノキノコスター(オレンヂスタ 作・演出)
吉川和典(電光石火一発座 主宰)

・11/21日 13時『ド』終演後
矢野靖人(shelf 代表・演出家)

《休演日にワークショップ開催》
【講師】
・11/15月:片山雄一(トライフル 主宰・劇作・演出)
・11/16火:ニノキノコスター(オレンヂスタ 作・演出)
・11/17水:吉川和典(電光石火一発座 主宰・演出・俳優)

*******

渾身の二本立て公演です。
ご予約お受けしておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。
是非ご来場をお待ちしております。

寂しいけど 僕は歩いてく

テクテク/スピッツ



明日朝はやいのにブログ更新してるwwwww

こんな働きぶりでいいのかな
きょろきょろしているうちに、首をかしげているうちに過ぎていく日々。

動き足りない。
そう思うなら、今の私は、真っ先に卒論を。


稽古場。
体調不良の子がいて、満足に稽古できず。
残念な気持ちと、早く元気になってほしいのとで複雑な気持ち。

複雑な気持ちと言えば。
公演2週目の私の感情がどうなるか不安。
時期として、とても怒りやすい時期。
ううううううん。大丈夫かなぁ。怒ったりしないかなぁ。
鎮めるだけの時間がもらえれば大丈夫だけど、小屋だしなぁ…。

まあ、座組みのメンバーが素晴らしい人ばかりなので、大丈夫かと。


あの日、ニノさんは言った。
「バウアーは色々な演出家さんのもとで芝居をやったらいいよ」
酔っていたので、客演さんの覚え間違いかもしれないが
私にとってこの世界はまだ知らないことが本当に多くて
毎日毎日が勉強で
どうしたら講演ができるのかもいまだにはっきりとは分からない。

でも、そこが一番わかりたい。
芝居がしたいんだ。

そこさえぶれなければ、私は演劇を続けられる。
というか、そこだけはどうしてもぶれないんだけど。
一生の夢なんだけど。

逆にかなった後の事が考えられない。
だから、仕事どうするかとか
子供産んだ後どうするかとか、全然考えられん。
公演できる算段がまだ立っていないからね。

そんなこんなで、今日も酔っていますね。
新しい店長と仲良くできる自信がない。東京と付き合うのは時間がかかる。

ロッテ!!!!!勝ったよ!!!!!!!!!!
これはマジで明日胴上げフラグだろう
観たかったなぁ・・・

迷った時は苦しいほうを選ぶ

大丈夫かな。
よろしくない言葉を発する人をみると、心配になる。
少しでもプラスを与えたくなる。
今日もいい日だったと。
何かのせいにして(今日はこの靴下を選んだからいけなかったんだとか)さっさと忘れて明日を送ってほしい。

笑っているあなたが見たい。

え、明日6時起き?
無理やろ。

おやすみー
1日2つの劇団の稽古に参加していた私が、1日に3回は死ね死ね団踊っていた私が、
昼まで寝て、夕方だけ1時間くらい稽古しただけだと、もーなんだか物足りない。
仕事ください。

色々必死過ぎて相方あうとおぶがんちゅう すまんかった

稽古場
昨日よりはのびっと稽古できました。
おもしろくやれた。収穫。

正直でいい。
舞台では、正直でいい。


今日の稽古は順調だったけど
まあ、なれてなれて2日後くらい経ったある日、びっくりするくらい扱かれるんだろうなぁ…。
だって、全然できていませんから。
って私が思うんだから、片山さんは何度そう思っていることやら。


わお!
稽古場始まって以来、出演者全員集合!
皆さんテンション高まりすぎて会話がコント!つうかドリフ!www
楽しかった。


自分の稽古終わってから相方に会いたくなるのはなんででしょうね
肩の力が下りたあとしたいことができるあの感じなのか、何かがすり減ったところを埋めたいのか


頃合を見計らって片山さんとお話。
ブログにつづったままを伝えたかったのに伝えたかったのに
片山さんは何でもオミトオシで
気にかけてくれていて、決して怒ることはなく、穏やかに教えてくれた。
なんか、話すすきがなかった。
ついでに声出しの方法も。
少し過剰に卒業アルバムについては考えていたのかなと

喉、1日でも早く治します。


今のところの心配事と言えば
せりふをさっさといれなきゃなと
アコギを丸く収めなきゃなと
卒論書かなきゃなと

あと、できれば団費のためにバイトやオークションもしたいなと
ま!今のシフトじゃ絶対出来んけどね!

もう、昨日の話だけれど
折り込みに入っていたチラシを見たら
随分と知り合いや知っている劇団が増えていた。
ってか!でんのかよこれ!教えてよー!な人が何名か。
演劇界って狭い。

で、そんな狭い演劇界と仲良くなるために
mixiやツイッターをしっかりやろうかなとか思ってみたり。
まだ、みたりな段階ですけど。
たぶん私の性分では長くは続かないかと。

まあ、そんなこんなで近況
明日も稽古
でもデートもあるよ

おやすみなさい。
自分の事すらできていない私。



ブログを書いている時でないことは百も承知だが、書いて自分の気持ちに整理がつくこともあるでしょう
と思い、ポチポチと連ねる。

なにから書こうか


昨日は、久々に復帰したトライフルの稽古でした。
メールしたのに連絡のない代表に腹を立てながら稽古場に行ったのでした。
どんなことでも相談してって言ったのは誰。とか思いながらむすっとしていたのでした。

アホな私。
相談していたのは、自分のオフの相談。芝居関係なし。
そりゃ、それは私の大好きなことで、今を逃すといつになるかわからない事だった。
けれど、後になって自分がどれだけ小さかったか思い知る。

稽古場で見たのは、恐ろしく洗練されたものだった。
ただ反応が早くなっただけじゃない。目に見えないものすべてと言っていい。時間と人とが作り上げたカンケイがそこに確かにあった。
私はどれだけこの稽古場を抜けていただろう。
それこそ「一緒に稽古していたのが遠い昔に感じられる」かのようだった。

稽古は主に抜けていた私に向けられてしていただいたのですが
私の非力さなんたるや
私が昨日の昨日までしていたことが、本当に自分でいっぱいいっぱいだったのが思い知らされます。

(あ、話が前後してきた。でも気にしない。)

オレンヂスタでは、常に誰かしらからもらっていないと私はしゃべれなかった。反応できなかった。
それも1もらって反応しているんではなくて、10くらいもらってやっと1の反応が出せるような、そんな感じだった。
ホント、最初から最後までニノさんには迷惑かけたなぁと思う。
つかれているのに、10のダメ出しを出してくれて、それでも1しか答えられなかった私。
公演が終わるまで楽しいと感じられたのは、

予期せず嗚咽

オレンヂスタの皆様
こんな私に再度、出演させてくださって、本当に、ありがとうございました。

終わっても、トライフルの稽古場行って終えても
私はオレンヂスタに恋をしていた。
それくらい素敵な稽古場で、小屋で、ご一緒させていただきました。



片山さんからは
オレンヂスタで出来なかったことを
出来るようにしなさいと、言葉をいただく。

1人でやるな
みんなでやりなさい
客に観せなさい
君は一つの事しかできない
でも みんなと目に見えないものを共有することはできる
両方やりなさい


こわい
私に可能なのだろうか
出来なかったときはどうなるのか
そう感じる私は未だに人嫌いが抜けていないのではないか
自分の事でいっぱいいっぱいな私

自分をもっと開きたい
私、研究所でなにを学んだんだろう…。
もっと人を好きになりたい


ごめんなさい。
オフの話なんて持ち出すんじゃなかった。
失礼なこと言い出していた。

私も、片山さんみたいに
もっともっと、まっすぐに演劇に向かっていきたい。
両方できる役者になりたい。

恋を振り切り
集中

顔がぐちゃぐちゃ
卒論やってない分台本読みます。

そしてこれから稽古
のためにお風呂

行ってきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。