GOING My Way

地球に優しく、人に厳しい(ェ)そんな大学生サラトラの日記。 サラトラと一緒にいてくれてありがとう。一緒にいさせてくれてありがとう。みんな、大好きだよ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
夢を見た。

ふゆーきが家に来ていた。
体調悪いなとか言って、気づいたらうちの階段で失神してた。もうぐったり。
その時は病院行って治ってた。

場面は飛んで
私は、なにかの公演の再演に行ってた。
遠方だったから、家の事とかどうなってんのかよくわかんなかった。
家に帰り、車降りたら、父が言った。
「もう、くろこげだよ。」

家にいた母が言った。
「ふゆーきさん死んだよ。」

あとは喪失感と家族との口論
何度も泣き出したい気持ちをぐっと堪えて家族とけんかをしていた。
何故教えてくれなかったのか
それも家に帰るときにはまだ火葬中だったという。
なぜ火葬場に連れてってくれなかったのか。
いや、お前の後輩が止めたから、とかいう父。
そして、相当落ち込んでいる私に、故じーじゃんが、
「いつまでもくよくよすんな。はよたちなおれ」
みたいなことをいわれた。
「じーちゃんは80年(で死ん)だけど、ふゆーきは20代で死んだんだよ!?じーちゃんに言われたかないよ!!」
とかめちゃ怒ってた。
それでもなんだか、慰めてくれる人もおらず、
部屋うつって、1人になって、うなだれて、めそめそと泣いていた。
2度と会えない悲しさであふれていた。

あれ、これ、夢なんじゃない?
そう思って起きてみたら起きれた。
あれ、ひょっとして生きてるんじゃない?
電話かけてみた。

おはよう。
いつもの声、優しい声。

起き抜けの、声にならない声で、
ふゆーきが死んだ夢見た。
とだけ伝えて、その後はひたすらに泣いた。

生きててよかった。


というか、今考えたら死んだじーちゃんが普通に食卓に出てきてたわ。
寝たきりのころのじーちゃんじゃなく、ピンピンしてたわ。


そんなこんなで大学に行く気力がなくなり
ふゆーきの家で卒論
やるかと思いきや、マンガ読んでました。
うわあ。このダメダメな感じ。
昨日の意気込みどうしたんだって感じ。

あ、ごはんおいしかった。セブンのたまご焼きサンドと
キムチ鍋の後にうどんいれて食べた後に白いご飯入れて食べた。
おーいしかったぁー♪♪♪

で、卒論出来なかったよーって父に話したら、
じゃあワインお預けねって、赤ワイン飲めなかった。
なのにエビスは飲んでいいとの事。
うおーい!
意味が分からん!!!!!

とはいえ、卒論は全く収穫なかったわけじゃないので
車内で本読めたので、よかったです。

さて、明日も稽古と卒論、そしてコンサート大詰め。
おやすみなさいー。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://saratora3.blog36.fc2.com/tb.php/574-44282d9e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。